javaって何?

日常的にパソコンを使っている人であれば、javaという文字を目にしたことがあるでしょう。

スマートフォンの普及により、パソコンを持っていなくても見たことがある人も増えているはずです。

簡単にいうと、javaとはプログラミング言語の一つで、パソコンで動くソフトを作成するために用いられます。

ソフトを制作する力を身に付けたいのであれば、勉強しておいて損はないでしょう。

とても多くの人が習得に向けて取り組んでいます。

javaが人気の理由

世の中には非常に多くの種類のプログラミング言語があるのに、どうしてこれほど人気があるのでしょうか。

その理由は、いろいろな場所で幅広く使われているという非常にシンプルなものです。

せっかくプログラミング言語をマスターしても、それを使えない職場では役に立ちません。

文法自体は共通している部分も多いので全てが無駄になることはありませんが、人手不足でもない限り採用してもらうのは難しいでしょう。

そのため、使われている可能性が高いjavaを選択するのは自然な判断といえます。

そう聞かされると、それほど広く使われている理由を知りたいと考える人もいるかもしれません。

それについても明確な理由があるので覚えておいてください。

汎用性が非常に高くて、特定のOSに依存しないことが挙げられます。

ソフトはOSに依存するのが一般的なので、これは非常に大きなメリットです。

たとえば、ウィンドウズでは使用できるものでも、マッキントッシュでは使えないものも多くあります。

これにはいくつかの原因がありますが、その中でも大きいのが使用しているプログラミング言語の依存性です。

すなわちウィンドウズ上でしか動作しない仕様のものを使っているので、それ以外の環境では正常に動かせません。

それぞれの環境ごとに作る必要があり、プログラマーにとっては大きな手間になります。

この問題をクリアできるのがjavaの大きなメリットです。

開発環境

さらに、開発環境を準備しやすいのもメリットの一つです。

プログラムを行うには開発環境をダウンロードしてインストールしなければなりません。

マイナーなプログラミング言語であれば、自分で苦労して方法を調べなければなりません。

ユーザーが多いのでそのような必要がなく、書店やインターネット上に参考資料が溢れかえっています。

またアップデートに関しても心配は不要です。

自動更新の機能をオンにしておくと、定期的にアップデートの確認が実施されるからです。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧

トヨタ

  トヨタとは トヨタとは、世界的に大きなシェアを持っている自動車メーカーです。 愛知県豊田市を中心 […]