オフィスとは

現代人の生活にパソコンは必須のアイテムになったといっても過言ではありません。

ただしパソコンの本体がだけがあっても意味がないことを覚えておきましょう。

ハードウェアにすぎないので、それだけでは何もできないので注意が必要です。

パソコンを使うときは、何をするのにもソフトウェアが必要になります。

ソフトウェアにはさまざまな種類が存在し、用途にあったものを選ばなければなりません。

もし仕事に役立つソフトウェアの使い方をマスターしたいのであれば、オフィスの練習をすると良いでしょう。

オフィスとは、デスクワークで使用することが想定されるソフトを詰め合わせたものです。

バージョンによって構成が異なりますが、ワープロや表計算をはじめとしてメールやデータベースなども含まれています。

初心者であれば、前者の2つをまずはしっかり使用できるようになることが大切です。

ワード

ワープロはワードという名称のソフトで、タイピングによって文章を作成していきます。

タイピングの練習にもなるので最初に取り組むのがおすすめです。

自分の作った文章をプリンタで出力し、他人に見てもらって感想をもらうと励みになります。

最初は単純に入力していくだけで良いですが、慣れてきたらフォントや段組みを調整するなどの工夫をするとレベルアップにつながります。

エクセル

表計算はエクセルという名称のソフトで、セルと呼ばれる升目に数値を入力するのが基本です。

他のセルに数式などを記入し、数値のセルを参照することで計算を自動で行えます。

数式の他に関数というプリセットを使用することも可能です。

たとえば合計や平均といった基本的な計算はすべて関数として用意されています。

そのため経理など計算を多用する仕事において、エクセルは計算の効率化に非常に重宝します。

それだけでなく資料を作成するときも役に立ちます。

ワードは文章を中心とした資料を作成するのに向いている一方で、エクセルが得意とするのは表を使用する資料です。

またグラフを表示する機能もあるので、視覚的に分かりやすくすることにも長けています。

売上やコストなどを月別の推移で表す場合などはワードより断然使いやすいと感じるはずです。

文章をたくさん書きたいし、表も使いたい場合もあるでしょう。

そういう人には、エクセルで作成した表をワードの文章に貼り付けるという手があります。

両者には連携の機能があるため、上級はそれぞれの長所を活かす形で利用するのが一般的です。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧

トヨタ

  トヨタとは トヨタとは、世界的に大きなシェアを持っている自動車メーカーです。 愛知県豊田市を中心 […]