windows7とは

windows7とは、マイクロソフト社が2007年1月に登場したwindowsVistaの後継として開発したOSです。

windows7ではViataの操作性や動作速度を大きく改善し、コンピューティング環境に対応する様々な機能が盛り込まれています。

Vistaの弱点であった過去のバージョンのwindowsとの互換性対策にも力を入れていて、XP用に開発された古いアプリケーションや周辺機器の多くがXPモードで利用できるようになっていて、7の名称はwindows1・0から数えて7番目のリリースという理由でつけられました。

windows7の新機能

windows7にはホームグループという、ネットワークの仕組みが採用されています。

ホームグループではネットワークを構築する際にファイルやフォルダーの共有やアクセス権などに関する設定が不要で、ホームグループの作成者が発行したパスワードを入力するだけですべての設定が完了するのです。

このためwindows7では、パソコンやネットワークにあまり詳しくない初心者のユーザーでも簡単にネットワークを構築することができるようになっています。

またwindows7には、インターネットエクスプローラ8が標準で搭載されていて、これは選択した文字列を使って検索や翻訳、マップの表示、電子メールやブログへの貼り付けなど、様々な操作を行うことができるアクセラレータという機能が追加され、ウェブ上のテキストをワンタッチで活用することができるようになりました。

またウェブ上のページの一部を切り取ってサイトを開かずに表示することができるウェブスライスや、過去に開いたサイトの履歴をもとにしてユーザーが興味を持ちそうなサイトを自動的にピックアップする、おすすめサイトなど様々な機能が追加されていたのです。

セキュリティーとメンテナンス

このOSにはパソコンのセキュリティーとメンテナンスを総合的に管理することができる、アクションセンターという機能が用意されていました。

アクションセンターはパソコンのセキュリティー(安全性)とメンテナンスに関する状態を常に監視し、問題が発生した場合は直ちに通知領域のアイコンやバルーンヒントを使って、ユーザーに注意を促してくれます。

またアクションセンターは注意を促すと同時に問題の対処方法も提示するので、指示に従って操作をすることで誰でも簡単にパソコンを正常な状態に保つことができるようになっていました。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧

トヨタ

  トヨタとは トヨタとは、世界的に大きなシェアを持っている自動車メーカーです。 愛知県豊田市を中心 […]