エクセルとは

エクセルとはマイクロソフト社のアプリケーションの一つで、主に表計算をさせるためのソフトです。

仕事で使われることが多いソフトの一つであることから、同様に仕事で使うことの多い他のソフトと併せてオフィスソフトという名前でまとめて呼ばれることも多く、販売形態としてもオフィスソフトという形でまとめて行われていることが多いです。

エクセルの利用シーン

オフィスソフトとはいうものの、もちろん家庭内や日常生活上でも使えるシーンは数多くあるでしょう。

典型的な例が家計簿です。

紙の家計簿を使っている人も多いでしょうが、紙の場合、縦と横の合計が合わないという経験をした人も多いのではないでしょうか。

例えば1週間分が1ページになっているような家計簿で、横に毎日の日付が並び、縦には食費や被服費、光熱費などの項目が並んでいるような場合、1週間が終われば常に必要な作業があります。

それは、各項目ごとに1週間分の合計を算出することです。

食費について7日分の合計はいくらか、被服費について7日分の合計はいくらかというように、各項目ごとに足し合わせることになります。

これを電卓で行うことになるでしょう。

同じように、1日ごとの全ての支出の合計についても算出する必要があります。

これは別に1週間が終わってから行う必要はなく1日が終わったときに行っても全く構いませんが、その日の支出合計についても電卓で足し合わせ、その合計を書き込むことになります。

電卓を打つだけでもなかなかに大変な作業ですが、最後にどきどきする瞬間が待っています。

つまり、7日分の各日にちの支出合計と、食費等々の各項目の7日分の合計を足し合わせたものが同じ結果にならなければなりません。

この2つはいずれも1週間分の全ての支出の合計になるわけですが、それが一致しない結果となり、何がおかしいのかと計算をやり直した人も多いでしょう。

エクセルを使えばこんなに便利

エクセルで家計簿を作成すればこのようなことは起こりません。

そもそも電卓を叩いて合計を算出するような必要も一切なく、入力すべきは毎日、各項目にどれだけの支出があったのかという数字だけです。

1日の支出合計は自動的に計算してくれますし、各項目の支出合計も自動的に算出してくれます。

もちろん、1週間分の全ての項目の支出合計についても自動計算となりますから、間違えるような心配は全くありません。

紙とボールペン、電卓で行う作業と、コンピューターを利用する作業との差を大いに実感するところです。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧

トヨタ

  トヨタとは トヨタとは、世界的に大きなシェアを持っている自動車メーカーです。 愛知県豊田市を中心 […]