SBI損保とは

SBI損保とは日本の損害保険会社の1つで、SBIホールディングス株式会社の子会社になります。

オンライン上で保険の契約ができる、ダイレクト型の損害保険会社です。

損害保険会社の中でインターネット上で契約ができるダイレクト型の契約は、店舗で契約するものと比較すると料金が安い点が特徴です。

一般的にコストが安く設定されているダイレクト型の自動車保険の中でもSBI損保は、コストパフォーマンスの高さが注目されています。

支払料金を安くしながら、高いサービスのパフォーマンスを求めたい人におすすめの自動車保険が用意されています。

保険料の割引

ネット上で契約の手続きを完了させることが可能で、初めてSBI損保で見積もりを請求した人でネットで契約を行った場合には、最大で10500円の割引サービスを受けることができます。

SBI損保のホームページにはネット契約のボタンが設置されており、車検証や運転免許証、年間の走行距離とオドメーターの値を予め準備しておく必要があります。

WEB上でチャットでの質問を行えるバーチャルアドバイザーのサービスがあり、9時30分~17時30分の間であればリアルタイムに自分自身の疑問に感じたことを質問できます。

自家用の5車種の個人向け自動車保険が主なサービスですが、それ以外にも医療保険や海外旅行保険、地震補償保険、死亡保険、自動車部品保険、バイク保険なども用意されています。

SBI損保が人気の理由

2017年3月までの時点で、SBI損保の契約件数は90万件以上となっており、日本中で数多くの利用者がいることを表しています。

それだけ信用度の高いサービスが提供されており、お客の満足度も高いことが予想できます。

店舗ではなくインターネットを経由して取引を行うことができるために、中間的なコストのカットを実現していて、それだけ保険料にコスト軽減の効果を反映させることで低価格でのサービスの提供を行っています。

支社や支店を設置しておらず、人件費の節約や書類を使用しないためにコストの削減に繋げています。

電話とインターネットのみでの取引を実現しているために、リーズナブルな価格で自動車保険の契約が行えます。

店舗で契約を行う保険会社であれば、代理店の担当者やオペレーターの説明を聞きながら、申込書の個人情報を記入して契約を完了させる必要がありました。

しかし、現在ではパソコンやスマートフォンの利用が当たり前になっているために、ダイレクト型の保険を利用することで書類での手続きを行わずに済むので、保険料の安さに加えて手続きが素早く行える点も利点と言えます。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧

トヨタ

  トヨタとは トヨタとは、世界的に大きなシェアを持っている自動車メーカーです。 愛知県豊田市を中心 […]