メディアプレイヤーとは

メディアプレイヤーとは、コンピューターでさまざまな形式のファイルを再生できるアプリケーションソフトウェアです。

最新のものは万能で便利に使えるようになっています。

メディアプレイヤーと一口に言いましても種類が豊富にあり、それぞれに特徴があります。

パソコンやスマートフォンを購入した時に既にプリインストールされているものも多くあり、人や使い方によっては利用するものも違ってくるでしょう。

たくさんある種類のなかで、どういう風に使い分ければ良いのか迷ってしまいますが、UIの見た目や使いやすさ・再生形式や対応コーデックの多さなどから選ばれることが多いです。

最終的には好みの問題や使い慣れているかになりますが、利用するメディアプレイヤーによっては動きが軽かったり、早かったりするので良し悪しもあります。

メディアプレイヤーの種類

Windowに標準搭載されているWindows Media Playerは、対応している動画形式は少ないですが、元々インストールされていますので、そのまま使う方が多いですし、CDをインポートするのにも便利です。

優秀なプレイヤーとして有名なのがGOM Playerになりまして、動画や音楽を再生した時に少しだけ早送りしたり、巻き戻ししたりする機能が評価が高く、対応しているコーデックも多いので使われていることが多いです。

その他にも5KPlayer、DivX Player、VLC media playerなどのたくさんの種類がありまして、どういった使い方をされるのかで使い分けされることもあります。

同じパソコンに複数のメディアプレーヤーをインストールして、対応コーデックに合わせて利用される方もいれば、動画と音楽で分ける場合もあるでしょう。

昔だとQuickTime、RealTimesなどのプレーヤーが利用されることが多かったですが、今では評価もそれほど高くなく利用される割合が低いです。

選ぶ上での注意点

またバージョンが頻繁に更新されるかどうかも大きな基準になりまして、日々技術が発達されていっていますので、それに合わせる形で進化していっているメディアプレーヤーの方が人気が高まるのは当然と言えるでしょう。

古いものだと更新もされず放置されていることもありますので、コンピューターウイルスの危険性もありますから注意が必要です。

同じメディアプレーヤーでもiTunesのように機器と連携して動画や音楽の管理や転送できるものもありまして、便利に利用できるでしょう。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧

トヨタ

  トヨタとは トヨタとは、世界的に大きなシェアを持っている自動車メーカーです。 愛知県豊田市を中心 […]