成田空港とは

成田空港とは、日本を代表する巨大空港です。

関東圏には羽田空港と成田空港の2か所の空港があり、地方空港としては茨城空港などもありますが、国際線として中心的な役割を担っているのは成田空港になります。

羽田空港はこれまで国内線を中心に運行されており、最近になって国際線の発着枠も解放されるようになりましたが、今現在羽田空港の発着枠は非常に混み合っている状況にありますので、国際線利用のメインは成田空港になります。

乗り入れ航空会社とターミナル

成田空港は千葉県の成田市に位置する国際空港ですが、羽田空港との住み分けを行い、成田空港にLCC、ロー・コスト・キャリアと呼ばれる航空会社が就航しています。

就航便数も多く、ターミナル3と呼ばれるLCC専用ターミナルも作られましたが、増便につぐ増便やLCCの新規就航もあり、更なる拡張が予定されています。

その他にターミナル1とターミナル2があり、利用する航空会社によって利用するターミナルが変わりますので注意するようにしましょう。

ターミナル1は日本の航空会社ではANAが利用している航空会社になります。

航空会社のアライアンスとしてはスターアライアンスなどが利用するターミナルになります。

ターミナル2は日本の航空会社では日本航空が利用しており、アライアンスとしてはワン・ワールドに所属する航空会社がメインに就航しています。

このアライアンス毎にターミナルを分けている運用は、乗り換えを容易にする意図があります。

航空会社は相互にコードシェアというシステムを利用して予約を受けますので、アライアンスが同じ航空会社同士で乗り継ぎを行って目的地まで向かう乗客がスムーズに乗り継げることを意図しています。

空港を利用する際の注意点

ターミナル1とターミナル2の間でも乗りつぎは行えますが、バスに乗らなければなりません。

また、電車の発着駅も違いますので、電車の降車時には利用する航空会社の発着が正しいかどうかよく確認してから降車することをおすすめします。

もちろん間違ったターミナルで降りてしまった場合も、バスで空港内を移動することが出来ますし、バスの利用料金も発生しませんが、大切な時間をロスしてしまうので、避ける方が無難でしょう。

成田空港は国際空港として日本の空港のハブ空港ではありますが、地域住民との調整もあり、現在は夜間の離発着が制限されている珍しい空港になります。

24時間運行されているわけではないにも関わらず、日本のハブ空港としての機関を担う空港です。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧

トヨタ

  トヨタとは トヨタとは、世界的に大きなシェアを持っている自動車メーカーです。 愛知県豊田市を中心 […]