松井証券とは

松井証券とはネット証券のひとつなのですが、その中でも歴史が古くネット証券の先駆者的な存在であるだけに様々なユニークなサービスがあるのが特徴です。

そのため、使い勝手に関しては人によって受け取り方が大きく変わってくる部分があり、使いづらいと感じる人もいれば他に替えがきかない証券会社だと感じる人がいるのも特徴です。

ネット証券であるため実店舗で取引をするということはなく、基本的には取引専用のサイトにログインをして取引をするか専用の取引ツールのネットストック・ハイスピードを利用して取引をすることになります。

松井証券の取引手数料

手数料体系は一日の約定金額の合計によって決まるボックスレート制となっていて、現物取引も信用取引も区別されておらず、どちらも合算されて計算をされます。

手数料自体は格安のネット証券が数多く登場してきた現在では、それほど安い方ではありませんが一日の約定金額が10万円までであれば無料となっているので、この点は他社よりも圧倒的に利点が大きな部分となっています。

少額から投資を始めたい初心者や10万円以下の銘柄を毎日コツコツ積み立てるように購入していく場合には、コストを抑えることができるので少額で運用をしたい人ほどメリットは大きいと言えます。

入金は予め用意された専用の口座に直接振り込む他に、リアルタイムで入金をすることができるサービスが用意されています。

対応する銀行口座を持っていることと、オンラインバンキングの登録をしていることが条件となりますが、ネットリンク入金を利用すれば、無料でリアルタイムに入金が反映されるのですぐに売買の資金にすることができます。

一日信用取引の利点

松井証券は手数料体系もあって初心者に使いやすい証券会社なのですが、上級者やデイトレーダー向けの一日信用取引というものがあるため、短期売買をする人にとっては非常に魅力的な証券会社でもあります。

これは名前からも分かる通り、その日の内に建てたポジションを当日中に決済すれば手数料が発生しないというデイトレード向けのサービスであり、取引回数が多い人ほどメリットは大きくなります。

スキャルピングのような超短期売買をするときには、一日に100回以上も売買することになりますが、その都度100円や200円のコストが発生するとそれだけで1万2万円と余計なコストがかかってしまいます。

しかし、松井証券であればそれが0になりますから、今まで手数料負けをしていた人はその分だけプラスになり、勝っていた人は更に利益を増やすことができます。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧

トヨタ

  トヨタとは トヨタとは、世界的に大きなシェアを持っている自動車メーカーです。 愛知県豊田市を中心 […]