SMBC日興証券とは

SMBC日興証券とは、三井住友フィナンシャルグループの子会社となっているわが国の証券会社で、三大証券会社のひとつともされる大手にあたります。

法人向けと個人向けの両方に対応した総合証券会社で、取り扱っている金融商品のメニューも幅広く、国外・海外株式、同じ株式のなかでも新規公開株式、一般の投資信託と不動産投資信託、個人向け国債、証券担保ローン、個人型確定拠出年金およびファンドラップなどが挙げられます。

SMBC日興証券の取引コース

個人向けの取引チャネルとしては総合コースとダイレクトコースに分かれており、それぞれの投資家のこれまでの投資経験や投資スタイルなどに合わせて好ましいほうを選択することができるようになっています。

総合コースは店舗の担当者によるアドバイスや投資情報の提供を受けながら取引ができるため、投資経験が浅くしっかりとしたアドバイスのもとで取引をしたい人、できるだけ手間をかけずに取引がしたい人には最適です。

総合コースは全国各地に置かれている支店などを通じた取引以外にも、オンライントレードや電話によるコンタクトセンターを通じた取引を行うことも可能です。取引をする窓口によって手数料は異なりますが、支店経由の場合はアドバイスなどの人的なサービスが大きく関わっているため、他の方法に比べると割高になっています。

ダイレクトコースでオンライントレード

いっぽうのダイレクトコースですが、こちらはインターネットを通じたオンライントレードとコンタクトセンター経由の取引が中心です。

パワートレーダーと呼ばれる投資情報と注文機能が一体となったトレーディングツールを取引実績に応じて無料でも利用することができますので、投資の機会を逃さず瞬時に売買注文を行うことができます。

スマートフォンであれば専用のアプリが存在しており、パソコンよりもシンプルで軽快に動作します。

こちらは完全に利用料は無料化されていて、アイフォンとアンドロイドのどちらの端末にも対応しています。

オンライントレードをする場合はSMBC日興証券の公式ホームページを開くとログインのボタンが掲げられていますので、ここから3ケタの支店番号、最大6ケタの口座番号、あらかじめ設定しておいたパスワードをそれぞれ入力すれば、個人ごとにカスタマイズされた画面にアクセスできます。

オンライントレードの場合には店舗を通じて注文をする場合に比べて、手数料がかなり割引されており、発注する金額によってもさらに大きな割引が受けられる可能性があります。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧

トヨタ

  トヨタとは トヨタとは、世界的に大きなシェアを持っている自動車メーカーです。 愛知県豊田市を中心 […]