キャノン株式会社とは

キャノン株式会社とはカメラやビデオをはじめとした映像機器やプリンタ、複写機等の事務機器、半導体露光装置やデジタルマルチメディア機器などを製造する、日本の中でも大手の企業で活躍している電気機器メーカーになります。

キャノン株式会社の起源は1933年に設立された精機光学研究所であり、観音菩薩の慈悲にあやかりたいとの願いから翌年に完成した国産初の精密小型カメラの試作品をカンノン(KWANON)と名付け、1935年には世界で通用するカメラのブランド名としてCanonという名前が採用されたのです。

キャノンの主な事業内容

キャノンの主な事業内容としてはオフィスビジネスユニットやイメージングシステムビジネスユニット、産業機器をはじめとして、その他にも半導体露光装置や医療画像記録機器などのビジネスユニットを展開しています。

2016年には医療用機器を手掛けている東芝メディカルシステムズを子会社化にしており、1949年の上場以来は一度も年間での赤字を出していない日本を代表する企業でもあるのです。

この企業は米州や欧州などの海外売上の比率が極めて高く、海外での特許出願を重視しています。

2014年末の時点で既に特許・実用新案の保有件数は世界全体で既に92,000件にも及びます。

海外出願に関しては地域ごとの事業戦略や技術、製品動向を踏まえた上で綿密に出願戦略を立てているのです。

グローバル企業としての大きな特徴

株式会社キャノンには大きな特徴が二つあり、製品面においては機械や電気、物理や情報、化学と言ったさまざまな技術を掛け合わせる事で、高度な光学技術と精密技術を核としてさまざまな製品を生み出すことを可能にしていることです。

さらに現代社会に欠かせないイメージングの業界においては、カメラやビデオ、スキャナー入力機器と、複合機やプリンター、プロジェクターなどの出力機器の両方をほぼフルラインナップで取り扱っている強みがあります。

さらに静止画と動画の両方の技術を兼ね備えている企業は世界の中でも希有な存在としてその価値を示しているのです。

キャノン株式会社のもう一つの特徴としては、日本企業の中でいち早く海外のマーケットに目を付けて進出した企業である事が挙げられます。

キャノンは特定のマーケットで苦手な地域が無い強みがあり、販売部門の拠点を設けた上で、生産工場と現地での開発を展開しています。

キャノンはグローバル化において世界全体で海外売上の比率が高いという魅力と強みを持って展開しているのです。

コメントを書く







コメント内容


商品一覧